Top / シェルファ
HTML convert time: 0.081 sec.

シェルファ

Last-modified: 2017-12-18 (月) 23:39:34

初遭遇

「あ、初めまして。(主人公)さんですよね。あなたの事は、父のフェリックスから聞いています。わたしは、シェルファです。これから、よろしくお願いしますね。」

通常会話

1回目


  • 「おはようございます、(主人公)さん。今日も一日、頑張りましょうね。」

  • 「こんにちは、(主人公)さん。お仕事、頑張ってくださいね。」

  • 「こんばんは、(主人公)さん。今日も、お疲れさまです。」
  • 台風・吹雪翌日
    「昨日は天気が悪かったですね。体調には気をつけてください。」

2回目以降

  • ハート0
    「この町は空気はきれいだし、町の人も良い人達ばかりです。ちょっと、いなかですけど、とても住みやすいと思いますよ。」
  • ハート1
    「牧場のお仕事は毎日、からだを使うから大変ですね。疲れたときは、ムリをしないで、しっかりと休んでくださいね。」
  • ハート3
    「最近、(主人公)さんも、この町になじんできましたね。これから先も、よろしくお願いしますね。」
  • ハート5
    「父は、人に見えないところで、すごく努力する人なのです。だから、いつも頑張りすぎて…。わたし、心配してるんです。」
  • ハート6
    「(主人公)さんは、すごく頑張りやさんですね。わたしも(主人公)さんを、見習って頑張らなきゃですね。うん、頑張らなきゃ!」
  • ハート7
    「わたし、料理を作るのが好きなんですよ。今度おいしい料理ができたら、(主人公)さんにも食べてもらいたいです。」
  • ハート9(男主人公)
    「(主人公)さんがこの町に来てくださってよかったです。だって毎日、とても楽しい気分になるんですもの。」
  • ハート9(女主人公)
    「(主人公)さんが、この町に来てくれて良かったです。こんなに、仲の良いお友達になれたんですもの。」
  • 台風
    「今日は、台風が来てしまいましたね。こんな日は、家から出たらダメですよ。」
  • 吹雪
  • 主人公結婚後
  • シェルファ・ロイド以外と結婚
    「結婚されてから、幸せそうな顔されていますね。そんな、(主人公)さんとお話ししてると、わたしも幸せな気分になってきますよ。」
  • ロイドと結婚
    「ロイドさんとの結婚生活はどうですか?何かなやみ事があったらいつでも相談にのるので、言ってくださいね。」
  • 自宅(1階)
    「父が作る料理は、何と言うか…とてもゴウカイ、なんです。だから、この家ではわたしがご飯を作るようにしているんですよ。」

  • 「あいさつしてもらうと気持ちがいいですからね。だれかと心を通わせるにはまずは一日のあいさつから。基本ですね。」
  • 粉砕風車エリア
    「ここに来ると、エンジュによく会うんですよ。女の子同士のお話は、楽しいですよね。」
  • 加工風車エリア
    「ここで吹いてる風は、わたしにとって特別なんです。はだで感じていると、四季の感覚がはっきりわかるんですよ。」
  • ホテル(水曜)
    「アネモネさんがいない時は、ここへ手伝いに来てるんです。」

プレゼント

  • ラッピング
    「まあ、わたしにですか?開けてもいいですか?」
  • 一番好き
    「まあ!ハーブサラダですね。ありがとうございます。とってもうれしいです。」
  • 好き
    「まあ!わたし、これ好きなんですよ。ありがとうございます。」
  • 普通
    「ありがとうございます。いただきますね。」
  • 嫌い
    「ありがとうございます…。でも、これは少し苦手です…。」
  • 一番嫌い
  • 2回目
    「お気持ちだけ、いただきますね。」
  • 受け取らないもの
    「ごめんなさい。これは受け取れません。」
  • 誕生日(一番好き)
    「誕生日にハーブサラダをいただけるなんて…。うれしいです。今日は、すてきな誕生日になりました。」
  • 誕生日(好き)
    「誕生日プレゼントですね。ありがとうございます。祝っていただけるなんて、うれしいです。」
  • 誕生日(普通)
    「誕生日プレゼントですか?ありがとうございます。」
  • 青い羽根
    「きれいな色していますね。わたしもいつかは…。ウフフ…。何でもないですよ。」

恋愛イベント

  • 第1
    シェルファ「こんにちは、(主人公)さん。」
    主人公「♪」
    シェルファ「今日はお天気が良くて、外の空気も気持ちいいですね。こんな日は、何か楽しい事がありそうですね。」
    クレア「あら~、シェルファさん。こんにちは。」
    シェルファ「こんにちは、クレアさん、ネリネさん。そう言えば、クレアさん。この間の夕食のおすそわけ、ありがとうございます。とてもおいしかったです。」
    クレア「いいのよ、そんな事。でも、おいしかったって、言ってもらえてうれしいわ。また、持っていくわね。」
    ネリネ「たしかに、おいしかったわ。わたしにも、お願いね。」
    クレア「わかったわよ。」
    ネリネ「それじゃあ、またね。シェルファさん。」
    クレア「またね。」
    シェルファ「はい、それでは。」
    シェルファ「あの2人はおとなりさん同士でとっても仲が良いんです。」
    サニア「ほら、おじいさん。わたしの言った通り、シェルファさんですよ。」
    スチュアート「にょほほ。さっちゃんは目がいいのう。全然わからんかったわい。」
    「スチュアートさん、サニアさん、こんにちは。お2人でデートですか?」
    サニア「ただの散歩ですよ。この間、マッサージをしてくれて助かったわ。大変だったでしょう?わたしとおじいさんの、2人だったもの。」
    シェルファ「いえ、大丈夫ですよ。喜んでもらえて良かったです。」
    スチュアート「若い女の人に、してもらったんじゃ。それは良かったぞい。」
    サニア「おじいさん!!」
    スチュアート「
    スチュアート「に…にょほほ…。では、またな。」
    サニア「待ちなさい!おじいさん!!」
    シェルファ・主人公「・・・」
    シェルファ「あの2人は、ホテルを経営しているんですよ。見ての通り、とってもお元気なんですよ。」
    主人公「・・・」
    シェルファ「えっ、どうかしましたか?わたしの顔に何かついてます?」
    →髪の毛にねぐせが…
    シェルファ「えっ…キャッ!は…はずかしい…。し…失礼します。」
    主人公「・・・」
    →顔が広いねぇ
    シェルファ「長く住んでますからね。(主人公)さんも、すぐにそうなりますよ。この町の人は、いい方ばかりですから、(主人公)さんも住みやすいと思いますよ。………あ、ごめんなさい。こんな話しこんでしまって…。(主人公)さん、牧場のお仕事がありますよね。また時間があれば、ゆっくりお話しましょうね。それでは、さようなら。」
  • 第2
    シェルファ「
    シェルファ「あら、(主人公)さん。ビックリしましたよ。わたしに何かご用ですか?」
    →いいえ、何もないです
    シェルファ「そうですか。お仕事、頑張ってください。」
    →何をしているの?
    シェルファ「?」
    シェルファ「わたしですか?家事が一通り終わったので、ここでゆっくりしているところなんですよ。(主人公)さんも、よければここで一緒に、ゆっくりしませんか?」
    主人公「♪」
    シェルファ「(主人公)さんは、牧場主なんですよね。牧場経営って、すばらしい職業だと思います。いつか、(主人公)さんのお店で、ミルクや野菜を買う日がきますよね。その時は、お安くしてくださいね。」
    主人公「
    シェルファ「ウフフ…、その日が待ち遠しいです。」
    主人公「
    シェルファ「そろそろ、お仕事にもどられますか?お話できて、楽しかったです。それでは、頑張ってくださいね。」
  • 第3
    フェリックス「あー…、その…。なんだ…。いつもすまんな。」
    シェルファ「どうしたんですか?お父さん、急に。」
    フェリックス「いつも、おまえに家事をやらせてばかりで…。わたしはダメな父親だよ。」
    「もう、そんな事を考えていたんですか?お父さんは、町長のお仕事で忙しいじゃないですか。」
    フェリックス「いや、しかし…。うん?」
    フェリックス「キミ!聞いていたのかね?」
    シェルファ「ちょっと、お父さん。やめてください。」
    フェリックス「う…うむ。」
    シェルファ「大きな声を出して、ごめんなさい。気にしないでくださいね。」
    →それでは失礼します
    フェリックス「悪かったね。」
    フェリックス「気をつけて帰ってくれたまえ。」
    シェルファ「また来てくださいね。」
    →どうかしたの?
    シェルファ「それが…。わたしがお掃除をしていたら、お父さんが急に謝り出して…。」
    フェリックス「わたしの妻は、シェルファを生んですぐ亡くなったのだ。それ以来、男手一つで育ててきてな。わたしが家事はダメなので、自然とシェルファが家事を担当する事になった。それが、かわいそうに思えてきてな。年頃の女の子だから、遊びたい時もあっただろうに。」
    シェルファ「そんな、気にする事ないのに…。わたしは十分に幸せですよ。それに、料理やお洗濯も花嫁修業と思えばとても楽しいですし。」
    フェリックス「な…、なんだと!!嫁なんて行かさんぞ!」
    シェルファ「た…たとえですよ。たとえ。ね、(主人公)さん。」
    フェリックス「なぜ、(主人公)くんを見る…。」
    シェルファ「あ、お父さん。今のはそういう意味じゃ…っ。(主人公)さん!早く逃げてください!ここにいたら、投げ飛ばされてしまいます!」
  • 第4
    シェルファ「(主人公)さ~ん。」
    シェルファ「(主人公)さんって、足が速いんですね。はぁはぁはぁ…。」
    シェルファ「ちょっと、お時間ありますか?…相談したい事があるんです。」
    シェルファ「本当ですか?ありがとうございます。」
    シェルファ「実は………。ああ…、どうしましょう…。言葉がうまく出てこない…。わたし、頑張れ。うん、頑張らなくっちゃ!実は………、お父さんの事なんです。お父さん、家事がまるで出来ないじゃないですか。もし…もし、もしもの話ですよ?わたしが結婚して家を出たら、お父さん大丈夫かなと思って。」
    シェルファ「だから、例えばです。(主人公)さんから見て、どう思いますか?」
    →結婚しなければ…
    シェルファ「そ、そんな………、(主人公)さん、ひどい…。」
    シェルファ「…そんな事を言う人とは、思いませんでした…。」
    シェルファ「わたし、帰ります…。それでは…。」
    →フェリックスさんも大人だよ
    シェルファ「そ…そうですよね!お父さんも大人ですから、一人でやっていけますよね。うん…、そうですよね。安心しました。」
    シェルファ「ウフフッ、変な質問してごめんなさい。気にしないでくださいね。それでは、失礼します。お仕事頑張ってくださいね。」

プロポーズ~結婚

  • プロポーズ
    シェルファ「それは、青い羽根ですね。………わかりました。………わたし、じつはもう決めてたんです。」
    シェルファ「ど…ど…ど…どうしましょう。あわわわ…。」
    シェルファ「わ…わたし…、うれしいです…。初めて会った時から、(主人公)さんの事、気になっていたんですよ。」
    シェルファ「(主人公)さんのお気持ち、お受けします。わたしで良ければ一緒にいさせてください
    シェルファ「それじゃあ、お父さんに報告しに行きましょう。」
    シェルファ「大丈夫ですよ。わたしに任せてください。」
    フェリックス「な、なんだと!」
    シェルファ「ああもう、お父さん。落ち着いてください。」
    フェリックス「これが落ち着いていられるか!ダ…ダメだ!!」
    シェルファ「お父さん!わたし、真剣です!!そんな事言う、お父さんはキライです!」
    フェリックス「う…、い…いや…。うーん。」
    ロイド「町長の負けだ。これ以上、反対すると、カケオチして町を出て行くかもしれん…。」
    フェリックス「カ…カケオチ…。」
    シェルファ「そ…そうです。す…するかもしれないですよ。」
    ロイド「それだったら、認めてあげたほうがいい。(主人公)なら、人がらとしても申し分ない。それに牧場は、ここと近いからいつでも様子を見に行ける。」
    フェリックス「…わ、わかった。認めよう…。」
    シェルファ「ありがとう、お父さん。ありがとう、ロイドさん。」
    フェリックス「それで、式はいつにするんだね?」
    シェルファ「話し合ったんですけど、一週間後ぐらいがいいです。」
    フェリックス「そうか。もうこうなったら、町をあげて祝おう!」
    ロイド「(主人公)、シェルファを泣かすなよ。泣かしたら、町長が飛んでいくぞ。」
  • 婚約中
    「もうすぐわたし達の結婚式、ですね。(主人公)さんと結婚できるなんて…。……わたし、すごく幸せです。」
  • 結婚式
    スチュアート「この日を晴れの日にみなで迎えられた事をうれしく思う。町長の代理であるわし、スチュアートが2人の結婚式を取り仕切りたいと思う。」
    スチュアート「それでは新郎(主人公)。シェルファを妻と認め、一生愛し、歩み続ける事を誓うか?」
    主人公「♪」
    スチュアート「それでは新婦シェルファ。(主人公)を夫と認め、一生愛し、歩み続ける事を誓うか?」
    シェルファ「誓います。」
    スチュアート「よろしい!それでは2人を夫婦と認め、すえ永い祝福を!!!」
    シェルファ「一緒に、幸せになりましょうね。」
  • 結婚式後
    「いよいよ、この日がやって来ましたね。」
    「今までみたいに、かた苦しい呼びかたはイヤです。」
    「わたしはシェルファって、呼んでください。(主人公)はどうします?」
    「(主人公)これでいいですか?」
    「これから、よろしくお願いします。(主人公)。」

結婚後

通常会話

1回目


  • 「おはようございます。今日も、お互い頑張りましょうね。」

  • 「ウフフ…、どうしたんですか?(主人公)。」

  • 「お仕事は終わりですか?今日もお疲れさまです。」
  • 台風・吹雪翌日

2回目以降


  • 「どうしたんですか?かわいい奥さんの顔でも見にきたんですか?うふふ、冗談ですよ。」

  • 「お仕事も頑張ってほしいですがからだは気をつけてください。健康が一番ですよ。わたしからのお願いです。」

  • 「わたし、子供のころから、こんな生活が夢だったんです。(主人公)と一緒にくらせるなんて…。とっても幸せです。」
  • 牧場
    「昔は、この牧場にだれが住むのか不思議でしたけど…。」
    「まさか、わたしが結婚してここに住むなんて考えもつかなかったですよ。」
  • 牧場前 「知っていますか?水の流れる音って気持ちを落ち着かせる効果があるみたいなんです。わたしは、(主人公)がそばにいてくれるだけでも安心してしまいますけどね。」
  • 台風
  • 吹雪
  • ハート0
  • ハート1
  • ハート3
  • ハート5
  • ハート6
  • ハート7
  • 外出
  • 帰宅
  • 好きな動物
  • 嫌いな動物

プレゼント

  • ラッピング
  • 一番好き
    「このハーブサラダは、大事に食べますね。わたしの一番好きなものを覚えててくれているなんて、とってもうれしいです。」
  • 好き
  • 普通
  • 嫌い
  • 一番嫌い
  • 2回目
  • 受け取らないもの
  • 誕生日(一番好き)
  • 誕生日(好き)
  • 誕生日(普通)

結婚後イベント

  • シェルファの誕生日
    主人公の誕生日
    おかえりなさい。(主人公)。」
    「今日は(主人公)の誕生日なので、料理用意して待っていました。」
    「どうぞ、こちらへ来てください。」
    「(主人公)のために、はりきっちゃいました。」
    「誕生日おめでとうございます。」
    結婚記念日
    浮気疑惑

妊娠~出産

  • 妊娠発覚
  • 妊娠中
    初期
    「うれしい。わたし達の子供が…」
    「家族がふえる…なんてすてきな事なんでしょうね。」
    中期
    「おなかが、大きくなるたびにうれしくなってきます。」
    「わたし達の子供が、ここで育っているのですから」
    後期
    「この子の名前ですが、お父さんが付けたいそうです。」
    「でも、この子の名前は(主人公)が必ず名付けてくださいね。」
    「よろしくお願いします。」
  • 出産
    〈産まれそうですって…!?すぐに向かうわ!!〉

    ネリネ「あなたはここで待ってて。わたし達に任せて」
    シェルファ「うーん、うーん...!」
    クレア「もうすぐ生まれそうよ」
    ネリネ「あと少し!頑張って...!」
    クレア「無事に元気な子が生まれたわよ。」
    ネリネ「かわいい(男の子)(女の子)ね。本当におめでとう」
    シェルファ「この子が、わたし達の子供なんですね…。」
    「この子にすてきな名前をつけてあげましょう!」
    「(主人公)、どんなのを考えていますか?」
    「(子供の名前)、かしら?」
    「うん、いい名前ですね!わたし気に入りました。」
    「(子供の名前)、おかあさんですよ。」
    「あなたの成長を、おとうさんと二人で見守っていきますからね。」

出産後

  • 子供の誕生日
  • 子供の成長1
  • 子供の成長2

行事

花祭り

  • 開始直後
    「いつもお世話になっているみなさんに贈りたいですね。」
  • 花を贈る(結婚前)
    「あ、花祭りの花ですね、ありがとうございます。」
  • 花を贈る(結婚後)
    「」

春の感謝祭

  • 結婚前
    「わぁ…、感謝祭ですね。ありがとうございます!それじゃあ、冬の感謝祭は楽しみにしててくださいね。」
  • 結婚後
    「」

冬の感謝祭

  • 結婚前
    「(主人公)さん、お邪魔しますね。」
    主人公「?」
    (春の感謝祭でお菓子をあげている時)
    「今日は、(主人公)さんにお菓子を持ってきたんです。春にいただいたお礼です。どうぞ、受け取ってくださいね!」
    (春の感謝祭でお菓子をあげていない時)
    「」
    「それでは、わたしはこれで失礼しますね。」
  • 結婚後
    「おはようございます。(主人公)」
    「今日は感謝祭なので、いつも頑張って下さっているあなたにプレゼントです!」
    「よろこんでもらえるとうれしいです。」
    「それでは牧場のお仕事、頑張ってくださいね。」

星夜祭

  • 星夜祭の前日
    「明日は星夜祭ですね。わたしの家で、明日お祝いをしますので、よろしければ来ていただけませんか?」 →シェルファ達と過ごす 「」 →さそいをことわる 「そうですか。残念です…。」
  • 結婚前
    シェルファ「お待ちしてました、(主人公)さん。先ほど、ちょうどみなさんが集まったところなんですよ。では、こちらの部屋にいらしてください。」
    エーリッヒ「こんばんは、(主人公)くん。ちょうどいいところに来たね。」
    フェリックス「では、みな集まったことだしそろそろ始めるとしようか。」
    シェルファ「いっぱい料理を作りましたので、楽しんでいってくださいね。」
  • 帰り際
    シェルファ「今日は来てくださってありがとうございました。みなさんで一緒にご飯を食べるのって、なんだか楽しいですね。また来年も、ぜひいらしてくださいね。それでは、お気をつけてお帰りくださいね。また、明日お会いしましょう。」
  • 結婚後
    「お仕事おつかれさまです、(主人公)」
    「今日は星夜祭なので、ちょっとしたプレゼントを用意してみました。」
    「それじゃあ、席に着いて一緒にいただきましょうか」
    「フフ、ビックリしましたか?」
    「いつもの感謝の気持ちとして、いっぱい作ってみました。」
    「それじゃあ、一緒にいただきましょうか。」