Top / エーリッヒ
HTML convert time: 0.078 sec.

エーリッヒ

Last-modified: 2018-02-23 (金) 10:19:04

初遭遇

「やあ、初めまして。ボクの名前はエーリッヒ。昼間は都会で仕事してるから、町にいない時間もあるけど、これからよろしくね。」

通常会話

1回目


  • 「やあ、おはよう。キミは朝から元気がいいね。」

  • 「やあ、こんにちは。仕事は頑張っているかい?ボク?頑張ってるさ。妻と一緒にね。」

  • 「こんばんは。こんな時間まで仕事かな?」
  • 台風・吹雪翌日
    「昨日は天気が悪かったけどだいじょうぶだったかい?まぁ、ここに住んでたら、たまにああいう事もあるんだよね。」

2回目以降

  • ハート0
    「うちのエンちゃんは、人見知りするところがあるんだ。
     だから、ゆっくり仲良くなってくれるとうれしいよ。
     エンちゃんの事で、何か知りたかったらボクに聞いてくれるといいよ。」
  • ハート1
    「うちのエンちゃんは、ボクと同じように紅茶が好きなんだ。
     その中でも、特にフルーツを使った紅茶が好きなんだよ。ボクに似たのかな?ハハハ。」
  • ハート3
    「うちのエンちゃんは、かわいいだろう?
     そのエンちゃんが…、この家を出たいなんていったら、ボクはどうすればいいんだろう。」
  • ハート5
    「(主人公)くんの家には地下室はあるのかい?
     上質なワインをつくるには安定した天気や、温度が必要なんだ。
     特に、ワインに必要なぶどうとか、果樹は育てるのに時間がかかるからね。」
  • ハート6
    「うちのエンちゃんは、少し、不器用なところがあってね。
     町の人達となじめない部分があるんだよ…。
     まぁ、キミはエンちゃんと仲良くしてあげてね。」
  • ハート7
    「牧場の仕事って大変だろう? ものを作り出す仕事って本当に大変だと思うんだ。ボクには真似できないな。うん、キミはすごいと思うよ。」
  • ハート9
    「キミのおかげで、この町もだいぶ良くなってきたよ。キミが、毎日牧場でいろいろ作ってくれるからね。いつもありがとう。」
  • 台風
    「こんなに風が吹いていると家から出れないね。もし良かったら、少しエンちゃんと話をしてあげてくれないかい?じつは、エンちゃんはこういう天気がすごく苦手なんだ。」
  • 吹雪
    「今日はすごい雪だね。
    こんなに降ると、さすがに家から出れないな…。」
  • 主人公結婚後
  • エンジュ以外と結婚
    「結婚生活はどうだい?いいものだろう?ボクも新婚生活を思い出すよ。」
  • エンジュと結婚
    「」
  • 出勤時
    「今から仕事に行ってくるよ。家族のために、今日も頑張るよ。」
  • 帰宅時
    「いやー、今日も疲れたよ。今日は、すごくいそがしかったよ。家に帰ってゆっくり休むよ。」
  • 町(休日)
    「昔はよく魚釣りをして、大きさで友人と競っていたよ。キミは釣りやるのかい?」
  • カフェ
    「やあ、キミも一緒に何か飲まないかい?仕事の後のお茶は最高においしいよ。」

プレゼント

  • ラッピング
    「ボクにくれるのかい?中身は何かな…。」
  • 一番好き
    「」
  • 好き
    「うれしいな。ボク、これが好きでね。ありがとう。」
  • 普通
    「ありがとう。いただくよ。」
  • 嫌い
    「うーん。これは、苦手なんだけど…。…もらっておくね。」
  • 一番嫌い
    「」
  • 2回目
    「いや、いいよ。気を使わせて悪いね。」
  • 受け取らないもの
    「これはプレゼントかい?う~ん。いらないなぁ。」
  • 誕生日(一番好き)
    春色ブレンドティーか!こんなに良いものを…。今日みたいな特別な日に飲めるなんてうれしいよ。ありがとう。」
  • 誕生日(好き)
    「誕生日プレゼントかい?ボクに?うれしいよ。ありがとう。」
  • 誕生日(普通)
    「ボクは今日、誕生日なんだよ。ありがとう。」
  • 青い羽根
    青い羽根じゃないか。いやー。思い出すなぁ。」
    「それを妻に受け取ってもらえた時は、最高にうれしかったよ。」

行事

花祭り

  • 開始直後
    「良い花が見つかるといいね。」
  • 花を贈る
    「きれいな花だね。ありがとう、(主人公)くん。」